同人誌を出版したいなら印刷所へ投函しよう|個人で出版

豊富なプランが魅力的

難しく考えず踏み出せる

冊子

現代ではより多くの人が同人誌の制作を楽しむようになり、そのほとんどがコピー誌では再現できない高品質を求めてプロの印刷業者を利用しています。
それには一昔前に比べて同人誌を印刷する業者が増えて費用が安くなり、個人でも無理をせずに頼めるようになったことが非常に大きな理由になっています。
また印刷業者も同人作家のニーズに応えるために様々なプランを用意するようになったことも、人気の上昇と安定に寄与しています。
この多様なプランのなかにはオフセットやオンデマンドの印刷方法や中綴じに無線綴じと製本時の綴じ方の違い、そして部数やカラーの有無など細かい条件が設定されていることもあります。
ですからこれらのプランを適切に組み合わせることによって、自らの理想の同人誌に近づくことが容易になったのです。
 それからインターネットを検索して各印刷業者のホームページを覗いてみると、初心者向けの利用ガイドやデータ原稿で入稿する際の注意点など各種情報が豊富に記載されてので、初めてでもあまり気負わずに利用できるのも魅力です。
もちろん最初の頃はそれでも不明な点が出てくるでしょうが、わからない点などがある場合は、直接業者へ問い合わせてみるとよいでしょう。
問い合わせる時には、電話やメールといった方法が有効です。
また、同人誌を作る時には、依頼する前に複数の業者へ見積もりを出してもらうとよいです。
見積もりを出してもらうことによって、それぞれの業者にかかる費用や提供しているサービスなどを比較することができます。
それにより、自分に合った業者を選べます。

事前に計画を立てよう

カラーチャート

自分だけのオリジナルの本を作りたい場合は、同人誌として本にするとよいでしょう。
そうすることで、売り物として商品にする事ができます。
特に現在では、ネットの発達やデジタルツールの普及などにより、一般の人でも同人誌が作りやすくなっています。
またアニメや漫画などが盛り上がっている近年では、二時創作としてその漫画やアニメを元とした本を作りあげる人の数も増え続けています。
主に同人誌は趣味として作る方が多く、コミックマーケットなどといったイベントでは作った本を売り出すことができるのです。
そのため、個人が作った本を求めて多くの人が全国から集まります。
そんな同人誌を作る人が増えるにつれ、それを専門とした印刷所の数も増えています。
個人で本を作る場合は、その本を印刷にまわし、改めて商品にする必要があります。
なので、あらかじめどんな印刷所に印刷を依頼するかを決めておかなければなりません。
特に印刷するページ数や使う色などによって選択肢が変わってくるので、しっかりとした確認が必要です。
また作る同人誌の本数によっても値段が大きく変わります。
どれくらいの売上が見込めるかを予想しておかないと、収支が赤字になる危険性もあるので、こちらも失敗しないようにしましょう。
印刷業者に依頼する時の注意点としては、まず印刷する際の期限を間違えないようにしなければなりません。
印刷業者が決めた期限に本の製作が間に合わないと、それまでの労力が水の泡になってしまいます。
特に印刷のスケジュールはシビアなので、こちらの予定に合わせてはくれません。
なので、できるだけミスのないようにしましょう。

入稿後も注意

冊子

同人誌の印刷は、印刷会社で行う人も増えており、少部数でも対応してくれる会社も増えてきました。
いざ作るとなると、入稿までが大変なのですが、入稿した後も注意すべき点があります。
同人誌の印刷は、オフセットという方法とオンデマンドという方法があります。
オフセットとは、一度版を作り、それを紙に転写して刷る方法です。
部数が多くなるほど一冊あたりのコストは安くなるので、ある程度以上の部数を刷る大手同人誌サークルはだいたいこの方法です。
色合いや線がきれいにできるのも特徴であるため、こちらを選ぶメリットは大きいのです。
プロまこちらを使うことが一般的です。
だいたい100部以上になるとお得になります。
オンデマンドはその都度データを紙に転送して刷るもので、少部数だと低価格でできるというメリットがあります。
オフセットに比べてやや質は落ちますが、そこまで気になるレベルではないと感じる人が多いでしょう。
少部数で初めての同人誌作成ならばこちらがおすすめです。
入稿するには、オンライン入稿とアナログ入稿があります。
オンライン入稿はパソコンから入稿する方法で、印刷会社のホームページから入稿する方法、メールなどに添付して入稿する方法、ソフトを使用する方法などがあります。
自宅で入稿できるため締め切りがのびるというメリットがあります。
アナログ入稿では、郵送や手渡しの入稿、直接持ち込みなどがあります。
アナログで原稿を作っている人にもおすすめです。
入稿後も、ノンブルの抜けやセリフの忘れなどで指摘されることがあります。
また、入稿前後に支払いが必要になるので、それに備えてお金を用意しておくのも重要です。

豊富なプランが魅力的

冊子

同人誌の制作をするほとんどの人は、コピー誌では再現できない品質を求めて印刷所を利用すると思います。その理由は印刷方法や綴じ方、また印刷部数によってさまざまなプランが用意されていて、自分の希望に合った選択ができるようになっているからです。

もっと読む

提供しているサービス

print

同人誌を作る印刷所では、印刷と製本以外にも様々なサービスを展開しています。初心者向けのハウツーページがあったり、初心者向けセットがあったりするところは多く、素人でもわかりやすくなっています。販売用の台やノベルティの製作、販売も行っています。

もっと読む

オンラインで雑誌を作る

男性

同じ趣味の人たちが集まって同人誌を発行することが人気になっています。今は安くて早いオンライン印刷を利用する人が増えています。仕様を決めてネットで注文するだけでいいので簡単です。大事なのは入稿の締切を守ることと、仕様を事前に決めておくことです。仲間内でこの2点をしっかり決めて、守ることが基本です。

もっと読む