同人誌を出版したいなら印刷所へ投函しよう|個人で出版

提供しているサービス

会社により様々なサービス

print

同人誌作成のときに使う印刷所は、単に印刷と製本を行ってくれるだけでなく、様々なサービスを展開しています。
同人誌を作成する人は、多くが素人です。
一度作るとその魅力にハマり、何度も作る人も多いのですが、誰でも最初は素人で印刷所にノウハウやコネを持つ人はほとんどいません。
そのような人にもわかりやすいように、同人誌を扱う印刷所ではわかりやすいハウツーページを作っていることが多いです。
印刷物の注文ページもわかりやすく、初心者におすすめのセットが用意されていることもあります。
また近年はオンライン入稿が主流ですが、より感覚的に入稿できるソフトウェアを使用している会社が増えてきました。
ドラッグアンドドロップでデータを移すだけで完了するものや、選択後アップロードするだけで完了するものなど、完成時のイメージもわきやすくより簡単なものが出てきています。
さらに、作成した同人誌を販売するときの台やノベルティの作成まで請け負う印刷所もあります。
同人誌を作ったからにはイベントで販売することが前提ですが、そのときの台を調達するのも初心者では大変なものです。
ダンボールなどで作られた簡易な台を一緒に調達することで、身軽かつ手軽に販売準備をすることができます。
ノベルティも多様なものがあり、キーホルダーや文房具といった小さめのものから、トートバッグなどといった大きめのものまで様々な商品があります。
他にも探せば様々なサービスがあり、サービスの種類は多様化してきています。

華美にならずシンプルに

読書

一般に同人誌の製作の場合、カタログやチラシなどの商業印刷物とは異なります。
作り手つまり発行者は企業ではなく一個人、あるいは同好会やサークルなどであることが多いでしょう。
少人数でお金を出し合い、ごく限られた予算の中でやりくりして印刷所に発注するわけですから、印刷物の仕様も必要以上に華美にならずシンプルなものにすることが必要です。
まずは印刷所をいくつか見つけ出して、費用を見積もってもらうことから始まります。
直接、費用に反映される要素は、作りたい同人誌の仕上がりのサイズやページ数、印刷色数、そして使用する紙の種類などがあります。
ここでは主に、色数や紙の種類についてみていきます。
印刷の色数とは、単色(一色)で印刷するか二色、あるいはカラー印刷にするか、ということですが、ここで作ろうとする同人誌の内容を考慮しましょう。
作るものは詩集や句集ですか。
写真作品集のようなもの、あるいは漫画でしょうか。
ほとんどが文字中心の装飾要素の必要ない落ち着いたものがよいならば、一色印刷で十分といえます。
写真集ならばやはりカラーでしょうが、モノクロ写真に限定するなら一色印刷もありとなります。
漫画の場合も同様で、カラー作品かモノクロかで決めることになるでしょう。
注意したいのは、写真や漫画などを載せたい場合、印刷所によって得意不得意があったり、対応できる内容に限りがあったりすることです。
印刷所に見積もりを依頼する際に、出来るだけ具体的に作りたい同人誌の内容を示しておくことが大切です。
また、用紙についても大きくいくつかの種類があります。
上質紙と呼ばれる一般にノートなどに使われているような紙、印刷インキが付きやすいようコーティングを施したコート紙などがあり、さらにコート紙も光沢のあるタイプと光沢を抑えたマット紙などがあります。
発色の良さを重視するならコート紙にするなど、印刷所と相談しましょう。

原稿をデータ化

男の人と女の人

従来は同人誌の印刷では、原稿をページ順に並べた上で梱包し、印刷所に郵送する必要がありました。
もちろん折れたり雨水で濡れてインクが滲んだりしないよう、当然梱包には十分に注意しなければなりませんでした。
そして原稿の枚数が多いほど、郵送には多くの費用がかかっていました。
しかし現在では同人誌の原稿の受け渡しは、ほとんどがインターネット上で行われるようになっています。
インターネットを利用すれば、梱包の手間も郵送の費用もかけることなく、印刷所に原稿を渡すことができるのです。
しかも原稿をデータ化し、印刷所が用意している同人誌用のサーバーに入れるだけで済むので手軽です。
原稿は、スキャナーを使うことで簡単にデータ化できます。
また近年では、原稿自体をパソコンを使って描くという作家が増えています。
この場合は原稿が最初からデータとなっているので、スキャナーを使うことなく、より手軽に印刷所に送信できると言えます。
ただしいずれの場合も、ファイル形式は印刷所が指定しているものに合わせる必要があります。
そうしなければ、印刷所のアプリケーションソフトで原稿を正確に読み込むことができないのです。
またファイル形式によっては、解像度を自由に設定できます。
解像度が高いほど、色ムラの少ない美しい原稿となりますが、その分データ量が多く、送信に時間がかかりやすくなります。
とはいえ解像度を低くすると、色ムラが目立ちやすくなることから、同人誌の品質が低下します。
そのためそれぞれを比較しながら、自分が最も納得できる解像度にすることが大事です。

豊富なプランが魅力的

冊子

同人誌の制作をするほとんどの人は、コピー誌では再現できない品質を求めて印刷所を利用すると思います。その理由は印刷方法や綴じ方、また印刷部数によってさまざまなプランが用意されていて、自分の希望に合った選択ができるようになっているからです。

もっと読む

提供しているサービス

print

同人誌を作る印刷所では、印刷と製本以外にも様々なサービスを展開しています。初心者向けのハウツーページがあったり、初心者向けセットがあったりするところは多く、素人でもわかりやすくなっています。販売用の台やノベルティの製作、販売も行っています。

もっと読む

オンラインで雑誌を作る

男性

同じ趣味の人たちが集まって同人誌を発行することが人気になっています。今は安くて早いオンライン印刷を利用する人が増えています。仕様を決めてネットで注文するだけでいいので簡単です。大事なのは入稿の締切を守ることと、仕様を事前に決めておくことです。仲間内でこの2点をしっかり決めて、守ることが基本です。

もっと読む